布でバスマットを作るには?

バスメイトには、濡れた足を部屋のカーペットの上に置いておく前に、簡単に乾かすことができる擦れるような質感が求められる。バスルーム用の敷物を買うと、高額になることもある。また、古い布を使って自宅でバスルームマットを作れるのに、なぜマットにお金をかけるのだろう?しかし、問題は、多くの人々が自宅でバスルームの敷物を作る方法を知らないということです、だから、ここでは、あなたの家でバスルームのマットや敷物を作ることができる使用して、ステップバイステップガイドです。

DIYのラグやマットは、お店で買うラグやマットと比べると、とても美しくユニークで、値段も安い。また、作業はそれほど難しくなく、集中力があれば誰にでもできます。初めて作るバスマットは、それほどプロフェッショナルには見えないかもしれませんが、時間が経つにつれて、素晴らしいラグやマットを作れるようになります。

ここでは、布製編み込みバスマットの作り方を、ステップ・バイ・ステップでお伝えします。

古くて使えない布を探す

毎年、冬物や夏物の衣類の整理を始めると、もう使えないマフラーやシャツ、ジーンズなどがたくさん出てくる。それらを捨てる代わりに、DIYでバスマットやラグを作ることができます。カラフルな服がたくさんあれば、それだけラグもカラフルになります。

短冊状の布を切る

さて、いよいよ生地をカットします。バスマットに完璧な外観を与えるために、ストリップのサイズが均一で、互いに同等であることを確認してください。私がマットを作ったときは、4/6サイズに裁断した。この生地は三つ編みに使うので、編むときに邪魔にならないよう、長さを調節してください。

布製ストラップで三つ編みを作る

さあ、三つ編みを作り始めよう。三つ編みは、髪を編むときと同じように、3本の紐を使って作るだけなので、それほど難しくはない。布の荒い部分と糸がきれいにカットされていることを確認するが、荒い面は裏側にして、三つ編みがきちんと整然と見えるようにしよう。布の三つ編みに個性を出すには、3色のストラップで作るか、少なくとも1色は違う色を真ん中に使う。三つ編みの数は、ストラップの長さによって変わる。

三つ編みを縫い合わせる:

針と糸は、キルトを縫うときに使うようなシンプルなものでよく、近くの店で購入できる。三つ編みを縫うには、バスマットの形を決めなければなりません。例えば、正方形のラグやマットにしたい場合は、三つ編みを横に並べて線を作り、縫い始めます。マットの全体的な外観を損なわないよう、縫い目は小さくしてください。一方、丸い形のマットにしたい場合は、真ん中から三つ編みを巻き始め、役割を縫う。最後のひもまで縫ったら、バスマットの完成だ。

というわけで、布からバスマットを作る面白い方法を説明しよう。