ビーチタオルを洗濯し、ケアするための実用的なヒント

はじめに

夏の暑い日にビーチに出かけるのは、とてもリラックスできることだ。その前に、自分や家族のために、柔らかいコットンのビーチタオルや上質な高級ビーチタオルを用意することを検討してみてはいかがだろうか。ビーチタオルやプールタオルは、旅行が好きな人にとっては必需品と言えるでしょう。しかし、ビーチタオルの洗い方やお手入れの仕方も知っておく必要があります。旅行が終わったら、あなたや子供たちのビーチタオルをきちんとクリーニングし、お手入れしなければなりません。これこそが、ビーチタオルを常に最高の状態で、長持ちさせる唯一の方法なのです。ここでは、ビーチタオルの洗濯とお手入れに関する実用的なヒントをいくつかご紹介します。ご参考になれば幸いです。
名入れビーチタオル卸売り

ビーチタオルの洗濯方法は?

カスタム印刷高級ビーチタオル5

説明書をよく読む

タオルを洗濯する前に、製品ラベルに記載されているお手入れ方法をよく読んでください。そこには、タオルの素材によって異なるお手入れ方法が記載されています。市場で最も人気のある2種類のビーチタオルは、コットンビーチタオルとマイクロファイバービーチタオルです。それぞれのお手入れ方法も異なります。説明書をよく読み、書いてあることに従うべきです。分類は重要です。濃い色と淡い色のビーチタオルは、洗濯の際にシミにならないように分類した方がいい。白のビーチタオルが他の色に染まってしまったら、たまったものではない。

ビーチタオルの砂を振り落とす

特大のビーチタオルを勢いよく振って、タオルの中の砂がすべて振り落とされるようにするのがベストだ。これは簡単なことですが、ビーチに行った帰りに忘れてしまう人が多いのです。洗濯機で洗うと、ビーチタオルの砂が洗濯機に詰まる可能性が高い。特に、ビーチで完璧な一日を過ごした後ならなおさらだ。だから、この些細なことをする時間を惜しんではいけない。ビーチタオルに砂が入らなくなったら、次のステップへ。

タオルのシミを前もって処理する

大判のビーチタオルにシミがないか忘れずにチェックし、シミがあればすぐに処理しましょう。シミの部分に洗剤を少量垂らし、まんべんなくしみこませます。冷水に15分ほど浸した後、ペーパータオルでシミをやさしく拭き取ります。先にシミを処理しておくと、タオルクリーニングが楽になります。

ビーチタオルは別に洗う

ビーチタオルの洗濯方法を聞かれたら、タオルと一緒に他の衣類を洗濯機に入れないように注意しなければならない。多くの人はこの一点を見落としている。多くの衣類にはファスナーやボタン、装飾品が付いている。ビーチタオルと一緒に洗濯すると、生地が擦り切れるのは避けられません。ビーチタオルが水に浸かると、とても重くなります。そのため、洗濯機に水を入れすぎず、多めの洗濯量を選びましょう。また、耐久性を確保するために、タオルに適した洗濯洗剤を選びましょう。安いビーチタオルでも、お手入れは必要です。

タオルを乾かす

完全に洗濯した後、乾燥させる。タオルの取り扱い説明書をよく読んで、乾燥機を使ってもいいのか、それとも自然乾燥したほうがいいのかを確認する必要がある。また、乾燥機の温度にも注意が必要だ。乾燥後、ふわふわで柔らかい新しいタオルを手に入れることができる。特筆すべきは、タオルを日光に当てすぎると色あせの原因になるということだ。

ビーチタオルの正しい保管方法とは?

カスタムビーチタオル5
ビーチタオルを使い終わったら、カゴや床に置いたままにしておくよりも、吊るしておいたほうがいい。そのままにしておくと、また使うときにカビが生えていることがあります。洗濯が終わったら、きれいになったタオルを丁寧にたたんで棚にしまいましょう。タオルが濡れないように、吸湿剤を入れておくとよい。

ビーチタオルを復活させるには?

かわいいレモンのカスタムビーチタオル印刷5
お気に入りの名入れビーチタオルをしばらく使っていると、柔らかさがなくなってくることに気づくだろう。実は、これはごく普通のことなのです。洗濯が不十分な場合、石鹸や洗濯洗剤がこのような現象を引き起こすことがあります。次の洗濯工程で酢を1カップ加えさえすれば、タオルの柔らかさを取り戻すことができる。また、重曹を使えば臭いを消すことができる。以上のことで、ふわふわで柔らかく、吸水性の良いビーチタオルを取り戻すことができる。

お手入れのコツ

1.新しいビーチタオルを大量に購入するときは、洗濯したほうがいい。そのタオルが製造中に化学薬品にさらされたかどうかわからないため、肌が不快になるかもしれない。
2.洗濯機がある場合は、タオルは手洗いしないほうがよい。ビーチタオルは一度水に浸かるととても重くなる。簡単に絞ることができない。また、手洗いするよりも洗濯機に入れて、タオルの中の雑菌をしっかり取り除いたほうがいい。
3.クリーニングに漂白剤は絶対に使用しないでください。漂白剤はビーチタオルに深刻なダメージを与えます。必要であれば、少量の食器用洗剤や特定のシミ抜き剤をシミに使用することもできます。

結論

この記事をきちんと読んで、タオルのお手入れ方法がわかったと思います。満足のいくカスタムビーチタオルを購入したら、そのタオルを大切に使う心構えが必要です。どんなに良いビーチタオルでも、適切で優しい洗濯とケアが必要です。これが使い始めの良さを維持させる唯一の方法なのだ。
良いものをお探しですか? カスタムビーチタオル バルクで?Zengboは、経験豊富なカスタムビーチタオルメーカーであり、様々な高品質のカスタムビーチタオルを提供することができます。カスタマイズのニーズがあれば、お気軽にお問い合わせください。