カスタムベビーブランケット:知っておくべきこと

オーダーメイドのベビー毛布は、あらゆる季節や条件に最適です。通常の毛布とは異なり、軽量で小さく、通気性に優れています。これらの特徴により、乳児や赤ちゃんにとって安全で、居心地の良い暖かさを保つことができます。この記事では、ベビー毛布について必要なすべてをご案内します。

赤ちゃんに普通の毛布は使えますか?

監視していない場合は、赤ちゃんに普通の毛布を使うべきではありません。伝統的な毛布は、サイズが大きく、素材が必ずしも適していないため、赤ちゃんの安全に特に危険をもたらします。これらの毛布は、もつれや窒息、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

通常の毛布は、その大きさゆえに赤ちゃんには緩い。赤ちゃんが毛布に絡まったり、引っかかったりする可能性がある。通気性が妨げられ、赤ちゃんが怪我をすることもあります。さらに、赤ちゃんを放置しておくと、毛布が赤ちゃんの顔を覆って窒息の原因になることもあります。

毛布の中には重くて非常に暖かいものもあるが、これは体温調節ができないため、乳児には理想的ではない。生地によっては、敏感な乳児に刺激や呼吸器系の問題を引き起こすものもある。そのような毛布は健康へのリスクが高く、命にかかわることさえあります。

これらの問題を考慮すると、通常の毛布は乳児には適していない。理想的な乳児用素材で作られた、着る毛布やフード付き毛布、スワドルラップに置き換えることができる。

ベビーブランケットを使う利点とは?

ベビーブランケットには、暖かさや快適さなど、さまざまな利点がある。毛布は赤ちゃんを落ち着かせ、落ち着かせ、心地よく眠らせる。これらの毛布には多くの用途があり、乳幼児にとって完璧な添い寝仲間です。ベビー毛布には以下のような利点があります:

  • この毛布はゆるくないので、包まれると赤ちゃんは安心し、毛布が心を落ち着かせ、なだめるような感覚を与える。
  • 赤ちゃんが汗をかいて不快にならない程度の暖かさである。
  • これらのブランケットは、ベビーカーを覆ったり、遊んだり、おむつ替えのマットにしたりと、さまざまな用途に使える。
  • 肌に触れる毛布のソフトな感触がリラックスを促し、赤ちゃんの眠りを早める。
  • 包まれると赤ちゃんは安心し、心地よく感じる。
  • 毛布は子宮の感触を模倣している。

ベビー毛布の種類とは?

カスタムメイドの可愛いフード付きベビーブランケット(耳付き)1.png

ベビー毛布には、縫い方や生地によってさまざまな種類がある。一般的に使用されているのは以下のタイプです:

スワドルブランケット

耳付きオーダーメイド・フード付きベビー・ブランケット

その名が示すように、スワドルブランケットは乳児を包むのに最適な選択肢である。この毛布は大きいので、周囲を覆うのに理想的です。赤ちゃんをすっぽりと包み込み、安心感と心地よさを与えます。スワドル毛布は通常、正方形の形をしており、綿などの通気性の良い生地で作られています。

スリープサック

着る毛布について聞いたことがあるかもしれない。新生児が寝ている間に着ることができるため、スリープ・サックやバッグとも呼ばれています。これらの毛布には腕と首の開口部があり、新生児の顔や腕が挟まれることはありません。スリープサックは、顔を覆わないので窒息事故を防ぐことができ、安全面では最高のベビー毛布です。

ブランケット

病院でこの毛布を見たことがあるかもしれない。柔らかくて軽いので、看護師はたいていこれで新生児を包む。これらの毛布のほとんどは、モスリンか柔らかい綿です。レシービング・ブランケットの良いところは、用途が広いことです。赤ちゃんを抱っこしたり、おむつを替えたり、どんな用途にも使えます。

セキュリティ・ブランケット

片方の端にぬいぐるみが付いているため、赤ちゃんや幼児にとって最高の抱っこ仲間だ。柔らかく、赤ちゃんが安心できる環境を作るので、ラブリーブランケットと呼ぶ人もいる。

フード付き毛布

フード付きブランケットは、頭と首を覆うフードが一角についている。他の3つの角を赤ちゃんに巻き付けることができ、フードがあるため、別に帽子を用意する必要がありません。お風呂上りに頭を温めるのに最適です。フードが漫画のキャラクターになっていることもあり、視覚的にも魅力的です。

毛布の中には、例えば生地や製造方法によって分類されるものもある:

  1. ミンキー毛布
  2. フリース毛布
  3. モスリン毛布
  4. フランネル毛布
  5. シェルパ・ブランケット
  6. キルティング・ブランケット
  7. かぎ針編みの毛布

赤ちゃんの毛布の保管方法は?

ベビー毛布

 

赤ちゃんの毛布は、シミやニオイを落とすためにクリーニングして保管することができます。しっかり乾燥させてからたたみましょう。ラベルを付けた袋に入れ、乾燥した手の届きやすい場所に置いておくと、見分けがつきやすくなります。

保管する前に毛布をきれいにすることが不可欠だ。そうしないと、食器棚や収納棚が耐え難い臭いを発することになる。また、古いシミを落とすのは難しいので、毛布が汚れたらすぐにクリーニングすること。

毛布は乾いていることを確認する。多少湿っていても保管するとカビが生え、生地が傷むからだ。毛布はたたんで収納しましょう。シワにならないように丸めることもできます。折りたたんだり丸めたりした毛布は、通気性の良い袋や箱に入れて、湿気やカビ、汚れ、害虫から守りましょう。

ベビー毛布がたくさんある場合は、箱を分類してラベルを貼ることができます。例えば、ベビー毛布の季節やサイズによって分類することができます。また毛布を使うときの手間が省けます。

湿気や日光から守るため、袋や箱は乾燥した場所に保管してください。赤ちゃんの要求に応じて、バッグを入れ替えることができます。収納スペースがすっきりします。

赤ちゃんの毛布をきれいにするには?

すべてのベビー毛布には、その生地に最適な洗濯やクリーニングの方法を説明したお手入れ方法が付属しています。適切なお手入れ方法を行うことで、素材の耐久性が高まります。ケアラベルには通常、繊維に適した水温と洗濯の仕組みが記載されています。

洗濯機で洗えるのでお手入れが簡単なベビー毛布もあります。アップリケや複雑なトリミングが施されたデリケートな毛布は洗濯機に耐えられないため、手洗いが必要です。また、生地によっては優しい洗剤が必要なものもあります。香りの強い洗剤は赤ちゃんの肌を刺激するので避けたほうがよいでしょう。

オーダーメイドのベビー毛布を購入する際に考慮すべきこと

カスタム・キュート・ベビー・セキュリティー・ブランケット-コンフォート・スナッグル・ブランケット

ベビー毛布を購入する際には、季節や室温などを考慮する必要があります。また、ベビー毛布のサイズ、素材、安全性についても考慮する必要があります。これらの点を考慮することで、乳児に最適なベビー毛布を見つけることができます。

季節に合わせたベビー毛布の選び方は?

季節ごとに毛布を選ぶということは、生地の種類を検討する必要があるということです。夏用のベビー毛布を買うなら、コットンやモスリンなど、軽くて通気性のよい生地を使いましょう。

春や秋などの過渡期には、フランネルや厚手のコットンなど、やや肌触りのよい素材を選ぶとよい。冬の季節には、保温性のある暖かい毛布が必要だ。フリースはかさばらないのに保温性が高いので、冬には最適な選択肢です。

暖かい毛布を用意しても、室温が高ければ良いアイデアにはならないので、赤ちゃんの室温を考慮することが不可欠である。オーダーメイドのベビー毛布を持参して、生地、サイズ、デザインを選ぶこともできる。

どのサイズのベビー毛布を選ぶべきか?

ベビー毛布のサイズは、赤ちゃんの月齢や用途など、さまざまな要因によって異なります。一般的に、新生児を包むための小さな毛布が欲しい場合は、レシービング・ブランケットを購入することができます。これは一辺の長さが30インチ前後の小さなものです。スワドリングやおむつ替えには十分です。

大きめのサイズが欲しければ、一辺が40インチか47インチ前後のスワドルブランケットを探すとよいでしょう。これらの毛布は、ぴったりとスワドルすることができ、数ヶ月の赤ちゃんにも適しています。45インチ×60インチの長方形のベビーベッド用ブランケットもあります。このサイズは、マットレスを覆うには十分な大きさですが、外に垂れ下がることはないので、ベビーベッドに最適です。

ゆったりとした毛布は赤ちゃんにとって安全ではないので避けましょう。オンラインショップでオーダーメイドのベビー毛布を注文すれば、適切なサイズを手に入れることができます。赤ちゃんのサイズと使用目的を考慮して注文しましょう。

ベビー毛布に最適な素材とは?

名入れ保温ベビー毛布幼児用プリント毛布

ベビー毛布に最適な素材は、コットン、モスリン、バンブー、フランネル、フリースなど。オーガニック繊維は低刺激性なので、乳児に適しています。そのため、赤ちゃんの敏感な肌を刺激する合成繊維や染料は避けるべきです。

夏用の毛布が欲しいなら、竹や綿のような柔らかくて通気性の良い素材を選ぶべきだ。肌触りがデリケートで、通気性がよい。これらの毛布に包まれると、赤ちゃんは体温調節ができる。

フランネルやフリース素材は冬の使用に適している。暖かく、柔らかく、肌触りがよく、軽い。他の暖かい素材は重いので、幼児にはお勧めできません。

ベビー毛布の安全性を見分けるには?

ベビー毛布の安全性について考えるとき、まず疑問に思うのは、"赤ちゃんはいつから毛布と一緒に寝られるのか "ということだ。12ヶ月未満の赤ちゃんには、毛布はお勧めできません。毛布が絡まって窒息する可能性があるからです。

比較的、着る毛布は顔を覆わないので安全である。また、かさばる毛布や何層にも重なった毛布は、乳幼児突然死症候群を引き起こす可能性がある。そのため、常に通気性の良い素材を選ぶのがベストだろう。

赤ちゃんが敏感肌で、アレルギー体質と診断されている場合は、低刺激性のオーガニック素材を選びましょう。大きな毛布やゆったりとした毛布は、顔を覆ってしまうので赤ちゃんには不向きです。とはいえ、乳児や赤ちゃんの安全を確保するために、常に監視する必要がある。